【2020年最新版】中学生の平均身長と体重

中学生になると、ほとんどの子が第二次性徴期(思春期)に入ります。また、この時期は身長が一気に伸びる子が多い時期でもあります。

男の子の場合、中学生の3年間で平均13㎝程度伸びるのが普通です。少なくても平均ペース、もしくはそれ以上の成長を中学生の間にクリアすることが、生涯身長にとって重要になります。

今回、掲載する身長と体重は文部科学省学校保健統計調査-平成29年度(速報値)を参照しております。

中学1年生の平均身長と体重

小学校6年生の平均身長が、男子で145.0cm(38.2Kg)女子で146.7cm(39.0Kg)ですが、中学生になると一気に平均身長がアップします。

男子:152.8cm(44.0Kg)
女子:151.8cm(43.6Kg)

中学1年生までは、女の子の方が平均身長が高いのですが、この時期に男子の方が逆転します。

中学2年生の平均身長と体重

中学2年生は思春期真っただ中。声変わりの時期に成長が止まると噂されていますが、特に関連性はないようです。骨格の成長や、ホルモンの影響で変声期は始まります。

男子:160.0cm(49.0Kg)
女子:154.9cm(47.2Kg)

中学3年生の平均身長と体重

第二次性徴も最終段階になりやすいのが、中学3年生です。この時期は背を伸ばすための、ラストスパートが必要です。特に女の子は身長の伸びが緩やかになる子が多く、この時期までの身長が生涯身長になりやすいというデータです。

男子:165.3cm(53.9Kg)
女子:156.5cm(50.0Kg)

男の子に関しては、高校生からも伸びる子が多いですが、中学生時に比べれば成長曲線は緩やかになります。

中高生アスリート向けサプリメントNO.1!

身体作りを本気で考えた親御様が、トータルアップを選ぶ理由とは!?中高生アスリートも多数愛飲しているTOTALUPの秘密を詳しく解説しています。
小学生向けサプリメントNO.1!

全国20代~60代のスポーツ指導者1125名に向けた調査により、ジュニア世代(小学生)向け成長サポートサプリメント第1位に選ばれた理由を見てみる。